プロフィール

綾瀬 れい

Author:綾瀬 れい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新トラックバック

アフィリエイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事について思うこと


肝臓の治療にあたっての食事改善。
思春期の頃から大なり小なりずっとダイエットと思い続けてきた身にとっては、もういろいろやりすぎてどこをどうやったらいいんだかというのが本音。
まあ、いまは正直食べ過ぎてるなという自覚はある。
お菓子はそこまでたくさん食べてるとは思わない、お酒はここ1年近くは全く飲んでいない(それ以前もほとんど飲んでいない)。
とにかく食べてる、動かないのに食べてる。
特に夜ごはんが多い。

夜ごはん、本当はワンプレートとかにした方がいいんだろうなと思っているのだけど、同居人が大皿料理が好き、副菜に「これはメイン料理では?」と思うようなのを求めてくる。
ちびっこはおかずの品数が少ないのが嫌。
結果、大皿料理がどんどんという食事内容になってしまう。
例えば、メインに唐揚げを作ったとして、副菜でニラたまとか。
そこにシーザーサラダとか。
もう少しメニューをわたしも工夫すればいいんだろうけど・・・。
あと、同居人は好き嫌いが多いうえ、自分があまり好きじゃないのは料理を提案しても嫌な顔をするんだよね。
本人は「作れば食べるのに」っていうけど、嫌な顔されて作る気にはならない。
魚だと、食べるのはサーモンかブリ。
煮魚は嫌(煮物という響きが嫌いらしい。作れば本当に食べるのだけど)。
白身魚のカルパッチョは大好き。
鶏肉は唐揚げ以外は嫌な顔をする。

こんなところで一人だけ食べるのを少なくすると、作る料理の量の希望は変わらないので、わたしが食べない分残って処分するか、同居人が食べるかになってそれはそれで文句が・・・。
でもさすがに今回は健康がかなり危険なのでちょっと何とかしないとなと思ってます。
もう何年もこんな食事内容なので、1食あたりの適正量がわからなくなっています。
ダイエット本やダイエットレシピを見てもヘルシーメニューは載っていても、1食にメインをこれだけ、副菜をこれだけ、ごはんをこれだけとかというトータルのメニュー例がないものばかり。
探したらあるのかな、もう少し本屋を漁ってみます。


漫画を読んでいてヴィーガンが気になったのでネットでいろいろ読んでいました。
気になったといってもやりたいという方向ではなく、思想がよくわからないなという方向。
あまりしっかり調べてはいないですが、健康のためではなく動物愛護の観点からの絶対菜食みたいですね。
以前からぼんやり不思議に思っていたのですが、それこそヴィーガンという言葉がよく聞くようになる前、ベジタリアンを聞き始めたあたりからですが、動物を殺すのはダメで、植物は気にならないんだ?ということ。
動物実験がダメなら、病気になっても薬は飲まないの?とか。

去年あたりMEC食に自分が傾倒していたのですが、メンタルが弱ってきたあたりから続けられなくなり今は何でも食べてます。
MEC食をしている人たちの会合に出たり、提唱している先生の講演会に行ってみたりとか。
かなりどっぷりだったのですが、浸かっているうちになんかしらの嫌悪感が出てきてしまったのもあるんですよね。
なんだろう、ヴィーガンでも感じるのですが、極端な食事制限はどこかしら宗教的で気持ち悪くなってくるのですよ。
以前、友人がローフードにはまっていて、熱く語られたときもひどい嫌悪感だった(そしてその友達とはそれ以来疎遠になった)。
宗教と同じで、自分が信じて実践して幸せになってるのはいいんですよ。
それを人に押し付けてきたりとか、それ以外を否定するとか、そういうのが嫌いなんだろうな。

理論としてはMEC食(糖質制限でもいいかなと思ってる)が一番納得できている。
でも至上とは思えない。
それは実績の積み重ねが少ないとか、まだちょっと腑に落ちないところがあるような気がするところとか、そういうところ。
結局はいろいろなものをちょっとだけ食べて運動するのが一番なのかなとか考えたり。
糖質制限、MEC食寄りの食事制限+ウォーキングかなと考えています。


食事じゃないけど、ちゃんと薬も飲もう。


スポンサーサイト

総合病院行ってきた(肝臓)


肝臓、ここ数年(4年くらい)人間ドックのたびに注意されていたのだけど。
3年前くらいは病院行ってお薬出してもらってたりとか、2年前も違う病院行ってお薬出してもらったりとか。
続かないのですよ。
危機感薄いんだろうね。
健康大事だけど、痛いとか苦しいとかないから(言い訳)。
そんなこんなで放置していた肝臓、だいぶやばいことになってきてしまったみたい。

メンタルの病院で定期的にしている血液検査で、メンタルの先生に「このままだと肝炎で療養になりかねない」と言われてしまいました。
観念して総合病院に行くことにしました。
メンタルの先生に紹介状も書いてもらって。

ただでさえ肝臓悪いって言われていたのに、療養中引きこもりだったので体重も一気に増加。
肝臓の値はアップするし、糖尿もギリってところに。

今回なんで行こうかって思ったかって、体調が悪いのですよ。
ずっと微熱が続いてるのがこれのせいかどうかはわからないのだけど、これはもう2年以上。
夜になると37℃越えが続いてて。
でもまあそんなにつらかったりとか体調悪かったりとかなかったのでなんだろうなと思うくらいだったのだけど、ここのところは夜になると38℃近くなってしまって、さすがに少し体調も悪い感じで。
そして気になるのは背中が痛い、じんましんが出る。
そして一番最近嫌なのが足がだるい。
もうなんか調べると肝臓悪いのにヒットしまくり。
イライラも多くて、これもそうなのかなとか。

で、火曜日に行ってきました。
採尿採決、エコーを撮って。
待ち時間が長くて遅くなったせいか消化器科の先生はほかの処置に入ってしまったらしく、今回は総合内科の先生とお話し。
紹介状の時点で分かっていたけど、やっぱり肝臓の値が悪いです、脂肪肝ですね、と。
紹介状の値とあまり変わらないので悪化はしてないですが直さないとだめですね。
あと、糖尿病もなりかかってます。
詳しい肝臓の値は1週間ほどで出るので、次は2週間後に来てください。
それまでは食生活の改善をしてください。

まずは痩せることで対処、薬とかはまだ出ないみたい。

さて、今回こそしっかり治さないと・・・。


       ≫ 2016年09月


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。