プロフィール

綾瀬 れい

Author:綾瀬 れい
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

リンク

最新トラックバック

アフィリエイト

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になっている不明熱をつらつらと


夜になると熱が出るようになるのが気になり始めてもう1年以上。
いつから気になっていたのかもうわからないくらいなのだけど、去年末にインフルで病院行ったときに相談して血液検査と尿検査をしたのは覚えているから、1年以上はたってるはず。
機会があると相談しているのだけど、炎症の値は正常と出ると、炎症ないので大丈夫ですよって言われる。
大丈夫って言われても、さすがに37.8℃とかは正直しんどいし、これは体温高いでいいの?と思う。
で、ちょっと風邪引いたりするとすぽーんと38℃オーバーになるので、会社を休んだりで有給がもうほぼない。
さらに休職何度もしているのでもちろん療養休暇などは使い果たしているし、休むともう解雇の文字が見えてくるのですよ。

で、今回糖尿&脂質異常の診察に行ったときにそのあたりはどこに相談したらいいかと聞くと、総合内科に行ってくださいと。
ここの病院の入り口は総合内科でそのときも話したはずなんだけどな、でもそのときはメインが脂肪肝と糖尿疑いで熱はここまで切羽詰ってなかったからあまり主張しなかったせいかも?
診察終わりで総合内科に行ったらその日のうちに受診できた。
どの科にかかりたいですか?と聞かれて、いやそれがわからないからここに来てるんじゃと思ったけど、先生の判断にお任せしますということに。
ついでに、以前からかかりつけ医で睡眠時無呼吸症候群の検査も受けろと言われていたのでそれも加える。

診察。
この日は糖尿で血液検査してるのでその値は見ていたのかな?(あまり覚えていない)。
熱が続くと言うと、免疫疾患の検査をした方がいいと思うんですよね、と先生。
でも今年度中は平日会社休んで病院来るのはもう無理ですと話したら、睡眠時無呼吸症候群の外来に来ている先生が開業されていて、そこは土曜日もやってるからそちらで受けるのはどうですか?と。
免疫の検査もできると思いますからと紹介状を書いてくれて終了。

免疫疾患で熱が続くで検索すると最初に出てくるのが膠原病。
おおう、難病(イメージ)。
でも、発熱って結局自己申告で、ほんとに熱あるのかよ?と思われているのかもしれないと思うと(体調が悪いと被害者妄想が酷い)、しっかり病名がついている方が気持ち的には楽かも。つらいことには変わりないし。
で、調べていくとそこそこ心当たりはある。
関節痛いし、こわばりもあるし、でも体重はまったく減らないけどね。

土曜日に紹介された病院に行ってきました。
睡眠時無呼吸症候群については、しっかり検査できます。
最初の検査で疑いがあったら、本来は1泊で入院して検査しなくちゃいけないのだけど、それも自宅に機器を送って検査できますよ、と。
が、免疫の詳しい検査はうちではできないんですよ・・・と。それだったら○○病院(紹介元)の血液内科が強いと思うんですけどねー、と。
話が違うー。
とりあえず、リウマチ系の検査はちょっとできるのでそれだけやっておきましょうね、と。
それで異常がなかったらまた元の病院にまた紹介状書き直してもらおう。(二度手間感はある)

いろいろネットをさまよってると、長期の微熱の原因は
・感染症
・悪性腫瘍
・膠原病
ここらへんが原因が多いみたい。

炎症系の数字は悪くなってないので感染症はたぶんなさそう。
症状を見てる限りだと膠原病の多発性筋炎が一番近い気がするけど、合うところと合わないところがあるのと、珍しい病気ではあるので、そんなに簡単にはかからないかなと考えてみたり(でも病気は誰が何にかかるかはわからないし)。


スポンサーサイト

食事について思うこと


肝臓の治療にあたっての食事改善。
思春期の頃から大なり小なりずっとダイエットと思い続けてきた身にとっては、もういろいろやりすぎてどこをどうやったらいいんだかというのが本音。
まあ、いまは正直食べ過ぎてるなという自覚はある。
お菓子はそこまでたくさん食べてるとは思わない、お酒はここ1年近くは全く飲んでいない(それ以前もほとんど飲んでいない)。
とにかく食べてる、動かないのに食べてる。
特に夜ごはんが多い。

夜ごはん、本当はワンプレートとかにした方がいいんだろうなと思っているのだけど、同居人が大皿料理が好き、副菜に「これはメイン料理では?」と思うようなのを求めてくる。
ちびっこはおかずの品数が少ないのが嫌。
結果、大皿料理がどんどんという食事内容になってしまう。
例えば、メインに唐揚げを作ったとして、副菜でニラたまとか。
そこにシーザーサラダとか。
もう少しメニューをわたしも工夫すればいいんだろうけど・・・。
あと、同居人は好き嫌いが多いうえ、自分があまり好きじゃないのは料理を提案しても嫌な顔をするんだよね。
本人は「作れば食べるのに」っていうけど、嫌な顔されて作る気にはならない。
魚だと、食べるのはサーモンかブリ。
煮魚は嫌(煮物という響きが嫌いらしい。作れば本当に食べるのだけど)。
白身魚のカルパッチョは大好き。
鶏肉は唐揚げ以外は嫌な顔をする。

こんなところで一人だけ食べるのを少なくすると、作る料理の量の希望は変わらないので、わたしが食べない分残って処分するか、同居人が食べるかになってそれはそれで文句が・・・。
でもさすがに今回は健康がかなり危険なのでちょっと何とかしないとなと思ってます。
もう何年もこんな食事内容なので、1食あたりの適正量がわからなくなっています。
ダイエット本やダイエットレシピを見てもヘルシーメニューは載っていても、1食にメインをこれだけ、副菜をこれだけ、ごはんをこれだけとかというトータルのメニュー例がないものばかり。
探したらあるのかな、もう少し本屋を漁ってみます。


漫画を読んでいてヴィーガンが気になったのでネットでいろいろ読んでいました。
気になったといってもやりたいという方向ではなく、思想がよくわからないなという方向。
あまりしっかり調べてはいないですが、健康のためではなく動物愛護の観点からの絶対菜食みたいですね。
以前からぼんやり不思議に思っていたのですが、それこそヴィーガンという言葉がよく聞くようになる前、ベジタリアンを聞き始めたあたりからですが、動物を殺すのはダメで、植物は気にならないんだ?ということ。
動物実験がダメなら、病気になっても薬は飲まないの?とか。

去年あたりMEC食に自分が傾倒していたのですが、メンタルが弱ってきたあたりから続けられなくなり今は何でも食べてます。
MEC食をしている人たちの会合に出たり、提唱している先生の講演会に行ってみたりとか。
かなりどっぷりだったのですが、浸かっているうちになんかしらの嫌悪感が出てきてしまったのもあるんですよね。
なんだろう、ヴィーガンでも感じるのですが、極端な食事制限はどこかしら宗教的で気持ち悪くなってくるのですよ。
以前、友人がローフードにはまっていて、熱く語られたときもひどい嫌悪感だった(そしてその友達とはそれ以来疎遠になった)。
宗教と同じで、自分が信じて実践して幸せになってるのはいいんですよ。
それを人に押し付けてきたりとか、それ以外を否定するとか、そういうのが嫌いなんだろうな。

理論としてはMEC食(糖質制限でもいいかなと思ってる)が一番納得できている。
でも至上とは思えない。
それは実績の積み重ねが少ないとか、まだちょっと腑に落ちないところがあるような気がするところとか、そういうところ。
結局はいろいろなものをちょっとだけ食べて運動するのが一番なのかなとか考えたり。
糖質制限、MEC食寄りの食事制限+ウォーキングかなと考えています。


食事じゃないけど、ちゃんと薬も飲もう。


総合病院行ってきた(肝臓)


肝臓、ここ数年(4年くらい)人間ドックのたびに注意されていたのだけど。
3年前くらいは病院行ってお薬出してもらってたりとか、2年前も違う病院行ってお薬出してもらったりとか。
続かないのですよ。
危機感薄いんだろうね。
健康大事だけど、痛いとか苦しいとかないから(言い訳)。
そんなこんなで放置していた肝臓、だいぶやばいことになってきてしまったみたい。

メンタルの病院で定期的にしている血液検査で、メンタルの先生に「このままだと肝炎で療養になりかねない」と言われてしまいました。
観念して総合病院に行くことにしました。
メンタルの先生に紹介状も書いてもらって。

ただでさえ肝臓悪いって言われていたのに、療養中引きこもりだったので体重も一気に増加。
肝臓の値はアップするし、糖尿もギリってところに。

今回なんで行こうかって思ったかって、体調が悪いのですよ。
ずっと微熱が続いてるのがこれのせいかどうかはわからないのだけど、これはもう2年以上。
夜になると37℃越えが続いてて。
でもまあそんなにつらかったりとか体調悪かったりとかなかったのでなんだろうなと思うくらいだったのだけど、ここのところは夜になると38℃近くなってしまって、さすがに少し体調も悪い感じで。
そして気になるのは背中が痛い、じんましんが出る。
そして一番最近嫌なのが足がだるい。
もうなんか調べると肝臓悪いのにヒットしまくり。
イライラも多くて、これもそうなのかなとか。

で、火曜日に行ってきました。
採尿採決、エコーを撮って。
待ち時間が長くて遅くなったせいか消化器科の先生はほかの処置に入ってしまったらしく、今回は総合内科の先生とお話し。
紹介状の時点で分かっていたけど、やっぱり肝臓の値が悪いです、脂肪肝ですね、と。
紹介状の値とあまり変わらないので悪化はしてないですが直さないとだめですね。
あと、糖尿病もなりかかってます。
詳しい肝臓の値は1週間ほどで出るので、次は2週間後に来てください。
それまでは食生活の改善をしてください。

まずは痩せることで対処、薬とかはまだ出ないみたい。

さて、今回こそしっかり治さないと・・・。

乳がん疑惑~針生検結果


報告遅くなりましたが、針生検の結果を聞きに行ってきました。


結論から行くと。


乳がんではありませんでした。


しかし、完全に何もないではなく。
良性の腫瘍なんだそうで。

『乳管内乳頭腫』

だそうです。

ネットで調べてみたのだけど、あんまりこれ!と思うような説明ページを見つけることができませんでした。
・乳頭から異常分泌物が出る
・しこりがふれることはあまりない
・乳管にできたポリープみたいなもの
・乳がんリスクは高め
・再発率も高め

分泌物はわたしは出てないのだけど、乳がん検診で見つかることが多いらしい。

ひとつ問題は、だんだん大きくなってきているということ。
良性でも腫瘍は腫瘍か!

というわけで、手術もできる大きな病院でのフォローアップが必要とのこと。
手術するかどうかは、その先生の判断次第ってことで。


『どこの病院がいいですか?』

聞かれて、困る。
がんだったら、がんに特化した病院を考えていたので、この場合は適応外。
医者も、『そういう病院はがんじゃない患者さんにはつれないですからねー』と。
いくつか先生の知り合いのいる病院を上げてもらったが、ちょっと交通の便が悪かったりだの遠かったりだの。
できれば会社は極力休みたくないので、土曜日診察可な病院がいいなー。
で、自宅から歩いて行ける病院をネットで調べてもらったところ、土曜日も診察してるじゃないですか。
あっさりそこに決定。
あとでちゃんと調べたら、乳がん手術も新しい技術をどんどん取り入れてるっぽい病院だったので、わりと当たりだったかも。



後日病院に予約の電話。
予約が平日の午前中のみって!
仕事中にこっそり電話。

今まで行ってた病院が予約取るのが1ヶ月先、とかだったので、今回もそうかなと思ったら、めちゃめちゃすぐに予約が取れてびっくり。


とりあえず、一安心。

がん保険入らなくちゃー!!!




人気ブログランキングへ
実は今日病院に行ってきたのです
今日の報告は近いうちに!

乳がんのリスクファクター


せっかく調べたので。

乳がんのリスクファクターを検証。


1. 初潮が早い
2. 月経周期が規則正しい
3. 月経周期が短い
4. 閉経が遅い
5. 出産未経験(含む未婚)
6. 高齢出産経験がある
7. 社会的な階層が高い(高学歴)
8. 太っている
9. 家族に乳がんの人がいる
10.両性の乳腺疾患の既往
11.子宮体がん、卵巣がんの既往
12.長期間ホルモン補充治療を受けている
13.片側が乳がんになった
14.多量の飲酒、喫煙



1. 初潮が早い
確か5年生くらいだった気がする。11歳?早い方なのかな??

2. 月経周期が規則正しい
YES

3. 月経周期が短い
29日くらい。普通だよね。

4. 閉経が遅い
まだ。

5. 出産未経験(含む未婚)
未経験。結婚経験はあるけどww

6. 高齢出産経験がある
なし。

7. 社会的な階層が高い(高学歴)
いや、普通くらい?

8. 太っている
太ってるー!!やばいー!!

9. 家族に乳がんの人がいる
母が経験者です。

10.両性の乳腺疾患の既往
乳腺症になったことがあったはず。

11.子宮体がん、卵巣がんの既往
これはなし。

12.長期間ホルモン補充治療を受けている
NO。

13.片側が乳がんになった
大丈夫。

14.多量の飲酒、喫煙
そんなに飲めない。
タバコは26くらい~36までの約10年間。
一番多い時で1日1箱半くらい吸ってた。


乳がんは女性ホルモン「エストロゲン」が関係しているそうです。
乳がんの多くはエストロゲンがなければ成長できないとか。

1~4は月経に関する内容。
月経の期間はエストロゲンがたくさん作られ、体内のエストロゲン濃度が高くなり、乳腺もそれだけエストロゲンにさらされます。
こうしてみると月経は順調だからリスクはアップ。
月経日数は少ない方だと思うんだけど、これは関係ないのかな?

5は妊娠中は月経がないためにエストロゲンにさらされる期間が短くなることにより。
単に月経の回数の問題ではなく、授乳経験のない乳腺は、乳がんになりやすいことが知られています。
出産しても、乳腺炎や早期の職場復帰などで赤ちゃんに母乳を与えなかった場合も、乳がんの頻度が高いと言われています。


6。妊娠すると、乳腺組織が急激に発達しますが、その時期が遅いと乳がんになりやすいと説明されています。

7、8は脂肪摂取量の問題らしい。
高学歴の人の方が脂肪摂取量が多いんだってー。
脂肪摂取量は乳がんに関係ないという報告もあるらしいですが。
他のサイトを見ても『太っている』は絶対にある項目なので、肥満はダメダメ。
うん、かなりやばいくらい太ってる・・・。

9。遺伝による乳がんを家族性乳がんといいます。
乳がん全体の5%ぐらいが家族性だろうといわれています。
BRCAl、BRCA2という2つの原因遺伝子も見つかっています。
発症年齢は、75歳ぐらいまでに約80%の人が、50~60歳ぐらいまでに約40%の人が発症するだろうといわれています。
家族性乳がんの特徴は若くして発症することです。
さらに両側の乳房に相前後して発症する可能性が高いことも家族性乳がんの特徴です。

家族性乳がんこわー。
両側にできたらかなりショックだよね。
とりあえず左側は大丈夫。いまのところ。

10~13。乳腺症の一部には乳がんとの関連が指摘されているものもあり、乳腺症の経験がある人は注意が必要です。
また乳がんではなくても、エストロゲンを原因とする子宮体がんなどにかかった人は、乳がんになる確率も高くなるのは当然です。
乳がんの経験者が再び乳がんになる確率は、乳がん未経験者の5倍といわれています。
ホルモン補充療法についても同様です。
エストロゲンを補充しているのですから、乳がんになりやすくなります。

乳腺症はなったんだよね。
あれ、乳腺炎だったかな?こっちかも。
若いころ低用量ピルを飲んでた時期もあったけど、これは容量が少ないのでがんには影響がないと言われているらしい。

14。多量の飲酒はリスクを高めるとされているものと、関係ないとするものがありますが、ときどき飲むだけの人や、日本酒1合もしくはビールやワイン1杯程度の量では関係ないようです。 
ただし、多量の飲酒は影響があるという報告のほうが多く、1日平均2杯以上になる飲酒は、乳がん予防の点でも、それ以前に肝臓などの健康の点でも避けた方がよさそうです。
アメリカの調査では、喫煙は乳がんとは無関係という結果が出ています。
しかし、日本の厚生労働省は、閉経前の女性は、喫煙によって乳がんになるリスクが吸わない女性の約4倍になると発表しました。
受動喫煙でも2・6倍になるとの事です。
閉経後の女性では、喫煙と乳がんの関係ははっきりしなかったと報告しています。

お酒は問題ないけど、タバコはダメかも。
リスク4倍~。


結果としては。
リスクは高め?

月経はどうこうしようもないのでしょうがない。
出産経験も同じく。

禁煙はしたし。

となると。

肥満をなんとかしろー!!

はー、やっぱりダイエットだね。
フォアグラさんだし。



乳がんの基礎知識
乳がん検診.com
参照です。




人気ブログランキングへ
でぶは万病のもと・・・

      


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。